フィルインセンス
TOPALvino > 2015.12.31-12

ALvino Live Report

Countdown Live 「Chord "Family”」 + After Party!!
---新横浜NEW SIDE BEACH!!


で、歌スタート!
照明も、色とりどりの照明がチカチカしてて、それっぽい雰囲気に!

途中、Shotaさんが何度か煽りで茶々入れしてて。

”アイドリングが必要です!”
とか、
”ちょっと似てきた!”
とか(笑)

サビのところは、メンバー二人走るのかと思ったら、
それはしてなかったので、FC旅行とはちょっと違う感じではありました。
ただ、KOJIさんは、旅行の時と同様、タンバリンを叩いておられました。
めっちゃにこにこしてタンバリン叩いてたから、
旅行を思い出しました。楽しかったな〜。

で、最後のサビでようやく、旅行の時なみのクオリティーになってきた潤さん。

似てきたところで爆笑が起きていました!

以上、個人コーナー終わり!!

KOJI「最後のサビ以外は認めないから!」

って(笑)

潤「あのまま終わったら、ただ歌いたかっただけの人になってしまうとこだった」
(笑)

で、これでカウントダウンライブ+アフターパーティーは全部終了。

最後一言ずつ行きますか、というところで。
(内容ちゃんと覚えてませんがニュアンスで。
あと、どこで話したか忘れたMCもここでまとめます)

潤「今日は、俺たちはやり切った感、皆も見切った感があると思います。」

いつまででも見たいけどね(笑)

潤「これからも、色々面白いことをやっていくので、
見放さないでくださいね」

って。

Shotaさんの言葉は本当に忘れてしまったんだけど(申し訳ない)
これからレコーディングだから、
レコーディング頑張ります、って話だったのは覚えてます。

KOJI「ALvino10周年に向けて、ライブツアーのタイトルが、
コードのAから順番に始まって、A、B、C、、となってたんだけど、

Chord ALiveから始まって、Birth、Cosplay、と、頭文字が、
Dが・・・」
と一旦とまって、

KOJI「Delight、EがEmotion、そして、今日が、F Family。
2月で、G、Goldでゴールするという」

KOJI「毎回俺たちのツアーの中では裏テーマとかも決めてて、
今日も、1曲目、パラダイスGが、コードAから始まる曲で、
2曲目、ORANGE EVOLUTIONは、コードBから始まる曲で、
春恋が、Cマイナーなんだけど、C、
恋COLORが、D、
Dilemmaが、Em、
明日が、F、
new cinema paradigm が、G
って順番に並んでたんだよ」

えーーー!!!それは全然気づかなかった〜〜!!

KOJI「こうやって毎回裏テーマを決めてツアーやってて、
言わないと気づかないでしょ。
MCで言おうって決めてても、3人ともすっかり忘れて言わずじまい、
なんていうのがいっぱいあるんだよ」

そうなのか!もったいない・・・!!!

と、思ってました。



KOJI「10周年、10年ってね、あっという間って感じはしないんだよね、
ALvinoにとって、いろんなことがあってさ。
長かったな〜って思うんだよね。

一生続けられるバンドにしようって言って始めたけど、
やっぱり10年ってね」

うんうん。
で、今10年やってきたALvinoなら、これからも、

KOJI「壁とかがあっても、超えられる」

っていうようなこと。
で、壁があっても乗り越えてきたとかそんな話で、
なんども、壁、壁、という単語を使ってしまったためか、

KOJI「これからも、もちろん壁ばっかりじゃないよ!
いいこともいっぱいあるけど。」

楽しんでいけるんじゃないかな、というようなお話をされていました。

KOJI「10年やってきて、俺がお父さん、潤がお母さん、っていう感じでしょ。
Shotaが・・・ダメ坊主」

ダメ坊主って(笑)

KOJI「でも、最初の頃に俺が出した本覚えてる?」

はいはい。

KOJI「あの中で、潤とShotaにも出てもらったじゃない。
その時は、俺がお母さんで、潤がお父さんだったんだよね」

あーそうだったねーー!

KOJI「Shotaは、ダメ坊主」

(笑)
どっちにしてもダメ坊主かい!って言ってはって笑った覚え。
そしてその時にShotaさが、ダメ坊主ぽく(?)ちょけた感じのポーズとってて笑った!

潤「性転換しちゃったのね」
KOJI「はっきり言うな!」(笑)

なんていう話もありました。
back        next
当サイト内のデータの無断転載・転用を禁じます。
Copyright © Yuchiel. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system