フィルインセンス
TOPLibraian > 2011.07.09-2

Night Train
サンターナ〜砂漠の女神〜
この辺は、安定の既存曲。
ライブ自体が久しぶりなので、
ああ、そうそう、ライブだとここはこうくるよね!とか聞いてた。

曲が終わって、
指さしてメンバーコールをさせる、最近のおなじみ。
照明がさっさとついちゃったので、暗闇で呼ぶ感じにはならなかったけど。

で、曲終わって、結構静かだったから、

「粛々とした空気で・・・」
ってな感じのMC。粛々・・・そこまででもないと思うけど(笑)

「厳かな感じが」と続け
「この場をお借りして拍手」って。ぱちぱちぱちぱち。

そして。

「相棒に捧げた曲です」
White Heaven
これはびっくりした。HIROさんがこういうプレイをするとは思わなくて。
HIROさんにしては珍しいなじゃないかなこういうギターを弾く曲。
足と手を同時に見たいと思ったので、翌日の大阪は絶対足下を見ようと思った曲。

Shangrila
Poker Face Joker
スパンコールバニーでHIROさんを後ろから指さしてた。
え?バニー?って思ってた(笑)

で、この曲のギターソロくらいで、TAKAさんがエアギターしてて、
その最後に背面弾き!!!(思わず反応)

雑踏の中には〜♪で、両手を皆が綺麗にワイパーしたのを見て、
満面の笑みを浮かべて、
すごい楽しかったんだろうね、TAKAさん思わず左右を確認するも、
SUNAOさんもHIROさんも演奏中で目があわなくて(笑)
でも、やっぱり笑顔だった。いい表情だなあと思った。

またも、指さしでメンバーを呼ばせる。
押したら呼ぶスイッチみたいに、連打みたいに、連続で指さしてて。
「ひろひろひろひろひろー!」
とかになってた。
「すなおすなおすなおー!」←言いにくい。
最後の方は、星山さんも指さしに参加してた。楽しそう!

それから、最後は後ろ向いたまま、後ろでで自分を指さし
TAKA−!
って。呼ばせたりとか、してました。

「ここは、ell.FITS ALLじゃありません。
銀河のエレベーターです。」
Galaxy Court

この曲だったかなあ・・・・イントロで身をかがめて(?)、床に近い場所で
クロールみたいな謎の動きがあって。
翌日確認しようと思ったら、大阪ではそんなのなかった。

初聴き(多分)だったので、曲の構成を見失いそうになりながら、
すごくLibraianだなと思ってきいてた。

そして続けて。
螺旋の塔
これが!!
最初の、ミッミミッミミ、ミッミミッミミ、からもう、
何が始まるんだどんな曲が始まるんだってわくわく。
(実はここは音源に入っているとは思わず、後で入っているのを知って喜んだ)
この、ミッミミッミミって、ベースかな?
と思ってSUNAOさん見たら弾いてはらへんかったんで、違うみたい。
あそこはベースでもかっこいいと思うけどなあと思っていた。

でもこの音だけで、なんかすごいわくわくする感じで。
始まったら、むちゃくちゃかっこいい!
これはかっこいい!好きだ!わー!わー!と、思って聞いてました。

続けて、Prison Ghost。
ここで、Prisonかー!!!と思って、暴れてました。

Prisonの曲のエンディングに繋げて、イントロが始まりかける(星山さんが多分ミス?)
直後、
ちょっとのインターバルの間に、シモテのスタッフさんから剣を受け取って・・・
Les Miserables
暴れ曲続行。
このライブ、螺旋の塔→Prison→レミゼラブルの流れは、私の中では神。
かっこよすぎる!!(むちゃくちゃ興奮した)

曲終わって、指さしてメンバーコールをやって。

この辺だったかなあ、
後ろ向いてたTAKAさんが、気持ちいい、とか楽しいとかそういう類のことを
TAKAさんがつぶやきながら、前をむきなおして定位置に戻って来て、
「あ、ひとりごと聞こえちゃった?」
って。ずいぶん大きなひとりごとでしたけども!!!(笑)

「今、さりげなく名前を全部言ったけど、
ここで、メンバー紹介していいかな?」

と、メンバー紹介へ。


「虹色のベース。
暗いところでも光る・・・」
で、SUNAOさんポジションマークを見せる。赤く光ってて、
おーってなってる空気に、

TAKA「目障りでしょうがない。」
ひどい(笑)

「ベーシスト!誰かな!」
SUNAO−!
「誰かな!!」
SUNAO−!!
「誰かな!!!」
SUNAO−!!!

で、ちょっとだけベースソロ。
ちょっと中途半端だったかな〜〜。
(メンバー紹介全員。ソロの時間が短めって意味で)
back        next
当サイト内のデータの無断転載・転用を禁じます。
Copyright © Yuchiel. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system